桂つどいの広場「いっぽ」★075-381-1890★ 子育てをしている保護者(パパやママ、おじいちゃんおばあちゃん)とその子どもたち(主に0から3才の乳幼児)のための広場です。


by ippo-katsura
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

救命救急

救命救急
9月25日(土) 12:45~15:45

すがすがしい秋の風が窓から入ってきます。
7月の応急手当の講習に続き、
今回は救命救急~心肺蘇生法の実践講習会です。

講師は西京消防署の野稲廣志さんにおいでいただきました。


小さいお子さんを連れながらの3時間講習
難しいと思いましたが、当日8名の受講の方がいらっしゃいました。

消防車が到着するまでの7分間(平均)
私たちに何が出来るのか、
そしてその必要性を学びました。

早い通報、早い応急手当、そして救急処置、
救命医療と救命のリレーを迅速に途切れることなく
行うことによって、大切な命を救うことにつながるそうです。

本当に何かあったときに、
すぐ人工呼吸や胸骨圧迫(心臓マッサージ)が出来るか、
参加の方々の眼差しも真剣です。


心肺蘇生法とは胸骨圧迫30回と
人工呼吸2回を繰り返します。


一人一人、実際にダミー人形を使って体験されました。

応急手当が救命のチャンスを高めると聞けば自然と力も入ります。

そして後半は

AED(自動体外式除細動器)の
使い方と手順を教えていただきました。


電極パッドをつけている間はAEDの電源を切らず、
AEDの音声の指示に従うとの事。
そのAEDの記録は倒れた方の大切な情報となり、
救命医療を行うまで、どんな状態だったかを知る手がかりになるそうです。

AEDは学校や銀行、駅など人が
たくさん集まる場所に設置されています。

一般市民が善意で行った応急手当について
その結果を法的に問われることはないそうです。

講習を受けたことにより、応急手当を
行う勇気ももらったような気がします。

ご参加いただきました皆様お疲れ様でした。

そして、お忙しい中3時間の講習をして下さいました

西京消防署 野稲さんには心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。

f0215432_10571223.jpg

f0215432_10575612.jpg

f0215432_10584980.jpg

[PR]
by ippo-katsura | 2010-10-28 19:19 | パパいっぽ | Comments(0)

はっぴぃ☆おはなしの会

f0215432_191813.jpg

[PR]
by ippo-katsura | 2010-10-12 19:18 | 今日のいっぽ | Comments(0)
9月3日(金)
10:30~11:40

プレママいっぽ~リラックスヨガ~

今回はお母さんの為のヨガです。
いつも家事や育児で頑張っているお母さん、
たまには自分の為に自分の体を大切にする時間を楽しみましょう。
講師はベビーマッサージでお馴染み、小倉幸さんです。

まずアロマオイルを使って足指のマッサージ、
そして足首を両手こぶしでさすり始めるとたちまち
良い香りが部屋中に広がりました。

あぐらは、人それぞれ組みやすい向きが
あると思いますが、それは左右のバランスが悪く、
時々組み替えをするといいそうです。
あぐらをかき、背骨を一個ずつ積み上げる
イメージで(難しいですね)首を長くして呼吸をします。

鼻から吸って鼻から息を吐く。
ゆったりとした呼吸で8呼吸で
しっかり吐ききるそしてまた深く息を吸う。

日常の生活の中であまり深呼吸をする事は
ありませんが、イライラした時やしんどい時など、
深呼吸をすると副交感神経が優位になりリラックス効果が高くなるそうです。


そしておとなりの方と交代で腕の力を抜きながら
腕をブラブラさせました。

でも意外に体の力を抜くって難しいんです。

力が入っていなければ隣の方の手が
離れた瞬間だらりと腕が落ちるはずですが、
腕はそのまま垂直に止まってしまう、
という方が沢山いらっしゃいました。

知らず知らず、体に力が入って
体の力を抜くということがよく分からなくなっているようです。

お家でご主人にしてもらったら
力を抜いて出来るかもしれませんね。


最後にはお子さんをおなかの上に乗せ、
腹筋を鍛えるポーズ。

ゆったりとした、気持ちのいい70分でした。

~アンケートの声~

・リラックスが出来てリフレッシュ出来ました。
とても気持ちよかったです。

・最初に頂いたアロマオイルがとても香りがよく、
家でも使いたいです。

・呼吸法が参考になりました。
体の力の抜き方など ちょっとした時間に家でも試したいです。


次回もお楽しみに。

リラックスタイムを是非体験して下さい!!

( いっぽ 金高 公美)

f0215432_22372085.jpg
[PR]
by ippo-katsura | 2010-10-12 07:04 | プレママいっぽ 妊婦さんの日 | Comments(0)
 
9月 6日(月曜日) 保育士さんとあそぼう① 10:00~12:00
9月14日(火曜日) 保育士さんとあそぼう② 13:00~15:00


 朝夕としのぎやすい日々となり、
少しずつ秋の気配を感じられるようになりました。
両日とも定員となり、この場をお借りしてお礼を申し上げます。

今回参加できなかった方、ブログに詳細をのせておりますので、
お時間があるときに覗いてくださいね。
少しでも皆様のお役に立てることを願っております。
 

   おはなし“十五夜の由来”
  紙芝居  『なぜ、お月さまにおそなえをするの』 
  9月のおはなし  “吸収する心”
  手遊び  ♪魚がはねた
  9月のあそび   “コーヒー豆を挽く”


<吸収する心>
 “吸収する心”の言葉からどのようなことを連想しますか?
人間は、大人になるまでに様々な能力を獲得していきますが、
3歳頃までに見られる特別な生命力によって、
外界の物を非常に積極的に吸収していきます。

したがって、3歳頃までの子どもの環境は、
その後の人生に大きく影響を与えます。
人間が3歳までに得る知識は、
大人がその後60年間努力して獲得する量に
等しいと言われています。

この期間を逃すと能力を獲得するのに
非常に努力しなければならないのです。


 3歳頃までの子どもたちには、
“吸収する心”という特別な状態があり、
言語・習慣・宗教等を心の中に吸収します。
また、この特別な状態は、
ある能力を獲得しようとする時、
非常に敏感になってくる一定期間です。

子どもはある対象に夢中になる時期と無関心になる時期があるのです。

残念ながらこの心は3歳をピークに徐々に失われていき、
その後は消えてしまうので、
3歳までに美しく正しい言語、素敵な音楽、
そして周りの方に大切にされているという安心感、
豊かな自然に子どもたちが出会えるよう環境を整えてみませんか。

 保育士さんとあそぼうでは、
ハンドルを回すことが大好きな男の子のお話をしました。
彼は自転車のペダルとベビーカーの車輪を
回すのが大好きで、いつも繰り返し、
繰り返し回し続けていました。
そして自分で納得してハンドルを回す活動を終えた時には、
とても満ち足りた表情なのですが、
途中で中断された時は、大泣きして抵抗していました・・・。

私たち大人も雑誌を読んでいた時、
ドラマを見ていた時に途中で中断されると
不愉快な気持ちになった経験がありませんか。
おもちゃ売り場や公園で遊んでいる時等、
子どもたちが何か集中している時は、
子どもが「もうおしまい」と自分で決めるまで、
是非見守って下さいね。
納得するまで取り組んだ子どもたちは、
次の動作がとてもスムーズになります。

そして、年中児の後半から年長児になると、
「長い針が11になったらおしまいね」と
修了の目安を活動の前に伝えると
子どもたちが時間配分を工夫して取り組めるようになってきます。

それでは、来月は
外界の物を積極的に吸収していく時期を逃してしまった時に
どのように働きかけたらよいのか、
そして感覚・運動能力についてお話します。



コーヒー豆を挽く  

子どもたちは、コーヒー豆を挽く活動がとても大好きです。
ハンドルを回してコーヒー豆を挽くことによって
豆が小さくなり、粉末になります。粉末になっていくにつれて、
挽く音が変化し、コーヒーの香り漂いはじめます。

コーヒー豆が粉末に変わっていく時の
音・形・触り心地の変化、そしてコーヒーの香りを楽しむと
五感を使った活動です。(味覚はお母様方に楽しんでいただきました!)

準備するもの:コーヒーミル コーヒー豆・スプーン・
ブラシ(コーヒーの粉末をこぼしてしまった時に使用します。)

コーヒー豆は、10粒くらいクリームケースに入れる、
もしくは瓶からスプーンでコーヒー豆をスプーンで入れる方法等、
年齢に応じて活動しやすいように配慮しましょう。

コーヒー豆を挽く活動にはいくつか
忘れられないお話があります。

私の担当していたクラスには、
コーヒー豆のセットが1つしかありませんでした。が、
「お友だちが上手にできるか見ててね。」と最初にお話しすると、
2歳の子どもたちもとても上手に待っていました。

自分の活動を見守って欲しい時期の子どもたちは、
お友だちの活動を見守るのがとても上手です。
そして見ることも大切な活動のひとつです。

順番が回ってきた時、
自分でケースを開け、
豆を一粒ずつ入れて、
コーヒー豆を挽き始め、
先生のお手伝いは必要ありませんでした。

お母さんから離れて泣いていた子どもたちが、
コーヒー豆を挽く活動に集中することによって泣きやんだこと、
幼稚園に行くのが嫌だといっていたにもかかわらず、
朝早く行かないと、コーヒー豆ができないからと
お母さんにお願いして早く登園するようになった子どもたち。

そしてとうとうご自宅でコーヒーミルを購入された方は、
お父さんのために毎朝豆を挽いてくれるようになったのだけど、
出勤までに間に合わず夕食後にコーヒーを楽しんでいますとの
ご報告をいただきました。

今回、コーヒーミルの活動をご紹介しましたが、
ご家庭にも子どもたちにとって魅力的な活動がたくさんあります。
もし何か夢中になっている活動がありましたら、是非教えて下さいね。


来月は、「落とす」あそびをご紹介します。

散歩をしていると、道端に色々な形の葉が
少しずつ落ち始めてきたことに気がつきました。

日暮れがだんだん早くなり、夏の終息を感じる今日この頃です。

さて、10月の「保育士さんと遊ぼう」は、

第1回目:10月4日(月)10:00~12:00 
第2回目10月8日(金)13:00~15:00 
各定員12名 参加費100円となります。

自由遊び中に子育ての疑問や相談等や
お子様の成長の様子をお知らせしていただけると嬉しいです。
またお会いできるのを楽しみにしています。
どうもありがとうございました。    

 いばらき みきこ

f0215432_2212153.jpg


[PR]
by ippo-katsura | 2010-10-01 01:32 | Comments(0)
4日・8日両日とも定員いっぱいとなりました。ありがとうございます
[PR]
by ippo-katsura | 2010-10-01 01:07 | Comments(0)